2017/09

01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30
<< >>

スポンサーサイト

  • -
  • スポンサードリンク
  • -
  • -
  • -
  • -

一定期間更新がないため広告を表示しています


7月28日。

休息日を経て迎えた予選リーグ最終日。





朝9時、あざみ野駅で関東アビサポのくろっぷ家の男衆と待ち合わせ。

くろっぷ家の長男、嘉斗(よかと。通称よかちょ。3歳)は、アビサポ一家の中で英才教育を受け、
「アビスパの試合を見に行く」という事だけでテンションがMAXになるように育っている。
もはやパブロフの犬状態。

この日も例外ではなく、チャイルドシートが壊れんばかりのテンションの高さ。




静かにしてくれませんかねw

しかも彼、てっきりトップの試合を見に行くものだと思っているらしく、
「ジョーゴ!」とか「マリヤン!」とか叫ぶので、
その都度「今日はユースだから城後もマリヤンもおらんぜ」と忠告し続ける。

ここでひとつ奇跡。
道中の関越道で目の前を走る熊本ナンバーの車が、
宮城総合での清水戦に向かう関東熊本サポの車だった。

 



SAでお互いの健闘を誓い合い、それぞれの競技場へと向かう。

さらに関越道ではベルマーレのマスコットが描かれたバスを見かけたが、
こちらはベルマーレのスポンサー(多分)が走らせてるバスで、選手が乗ってるってワケではなかった。




さてスタジアム到着。
過去2試合とは場所が変わり、今回は前橋総合運動公園陸上競技・サッカー場。

入り口には本大会のこれまでの戦跡が掲載されていた。



2位以内に入れば決勝トーナメントに進めるからいいんだけど、
もし3位になろうもんなら、この表を穴が開くほどまじまじ見る羽目になる。
6グループの3位の中から上位4チームが決勝トーナメントに行く権利を得られるからだ。

ピッチ脇では選手がウォーミングアップ中。



アビスパのテントの真後ろに我々も陣取る。



「私、今日のためにボンボン作ってきたんです!」
と言うは初日以来の参戦のあゆみちゃん。



太鼓が使えないこの競技場で、どう選手を後押しできるか考えたんだろう。
抜かりない。サポーターの素質、あり。

よかちょは相変わらず「じょーご!」「まりやん!」とか言ってるが、
目の前の試合への気合は十分。



試合前、コーチ陣とハイタッチする選手たち。



勝てば2位以上確定。引き分け以下は3位以下。
相手は柏レイソルU-18。本大会の前回覇者。
しかも2日目の試合で6得点を決めた強豪。



戦場へと向かう選手たち。



勝つしか、ない。




■Cグループ第3日 アビスパ福岡U-18 vs 柏レイソルU-18

前半は柏のペース。
我々と同様、絶対に負けられない柏は前半からがんがんゴールを狙ってくるが
福岡の必死の守備がそれを許さない。危ないシーンもあったがオフサイドに助けられたり。
福岡も負けていない。相手ボールを拾ってから速攻。しかし、シュートまでいけない。
結局、公式記録では福岡の前半のシュートはゼロ。一方の柏は4。
ゴールを割られず前半を0−0で終えたのは評価できるだろう。

今日はホーム扱いなので、ユニフォームもネイビー。
天気もいいのですぐに乾くかも。



後半。

53分、ボールを拾った佐々木亜門が山口晃大へとボールを繋ぎ、それを待ち構えていた光永祐也へと渡す。 
受けた光永はドリブルで駆け上がり、利き足の左足でゴールにズドン!

この日、この空間に居る誰もが欲しかった先制点を取ったのは、福岡だ!

トラックでそれを見ていた控えの選手たち(坂田、竜治、モガ、大嘉、蘭次郎、一樹、太進)が
一斉に光永のもとに駆け寄る。


歓喜の選手たちの写真があればよかったんだけど、
あいにくスタンドで応援していた僕らも、もうお祭り状態。

「オー!光永 オーオーオー!」

初日から見ていたが、光永にボールが渡ると本当にワクワクする。
U-18代表候補に選ばれる所以は、駆け上がりのスピードと落ち着き、そしてシュートの精度にあるのでは。


光永の得点以降は攻守が目まぐるしく入れ替わる。1点を先制された柏は猛攻に出る。
しかし福岡も必死の守備。さらに守りだけでなく、2点目を取りに行く姿勢をとる。
攻守が変わるたび、両チームの選手たちはピッチを端から端まで走り続ける。

福岡にとって危ないシーンは多々あった。
しかし川島が好セーブを見せ、他の選手がポジション関係なく、みんなで守る。

アディショナルタイムは、3分だった気がする。ずっと柏の攻撃だった気がする。
はよ終われ、はよ終われ。そう思いながら必死で応援する。



そして…、

アビスパ福岡、去年の覇者柏レイソルを1−0で下す!!結果


ここはレベスタか?ってくらい、大歓声が聞こえた気がする。
倒れる柏の選手、抱き合う福岡の選手。鳴り止まぬ拍手。
クラブ史上初めてのベスト16進出が、この瞬間決まったのだ。




試合後にハイタッチする選手たちとコーチたち。



宮原コーチが選手たちに対して「ほら、スタンドのサポーターにも挨拶!」と言うと、
選手が僕らの目の前まで来てくれた。

「気をつけ、礼!」

パチパチパチ!

「ようやった!ようやった!みんなで1、2、3、アビスパやろう!」
僕がそう言うと、選手は一瞬戸惑いのような恥じらいのような顔を見せたが、




「「「1!2!3!アビスパーーー!」」」



やってくれた。

満面の笑み。みんな満面の笑み。

サポーターの勝手な考えかもしれないが、この瞬間、
選手、コーチ、保護者、サポーター、
みんながひとつになれた気がした。

「アビスパ福岡!アビスパ福岡!」
「みっつっなが!みっつっなが!」

太鼓代わりに叩いたペットボトルはベコベコ。
35℃近い炎天下の下、腕も真っ黒に焼けていた。

素敵な素敵な、勝利をありがとう。
川島、三村、翔也、ミツ、牛之濱、晃大、亜門、快生、恭範、野中、瑞基、おめでとう。
キヨさん、ありがとう。









〜〜〜





この翌日に行われたラウンド16で、アビスパは京都に2−4で負けた。

しかし、14回目の出場にして初めて勝ち取った16強は、誇りに思っていい。


この大会の後、町田蘭次郎はトップチームの練習に呼ばれた。

夏の群馬で巻き起こった福岡ユース旋風は、きっとトップチームまで届くはず。

この中から一人でも多くの選手が、レベスタで走り回ることを夢見てやまない。

スポンサーサイト

  • 13:36
  • -
  • スポンサードリンク
  • -
  • -
  • -
  • -

comment









trackback